「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」のご案内

厚生労働省では、時間外労働等改善助成金の申請を受け付けています。生産性向上機器の導入などに最大で上限100万円、補助率4/5の助成金が支給されるという助成金です。就業規則を変更するなどの条件はありますが、11月中旬までの随時募集となっており活用しやすいかと思います。働き方改革に絡めてやりたいことをするという手もあるかもしれないので、設備投資など考えられている事業者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご検討下さい。

〇対象

・対象者:労災保険適用事業主で勤務間インターバルを導入していない中小企業等

※勤務間インターバルとは、就業規則等で就業から始業までの休息時間の確保を定めているもの。

〇助成事業

・労働時間短縮や生産性向上に向けた取り組みに必要な経費(生産性向上設備・機器の導入・更新等)

〇補助率等

・補助率:3/4 ※事業規模が30名以下かつ経費が30万円超の場合等は4/5

・支給上限額:最大100万円

○備考

・就業規則等の届出などによって勤務間インターバルの規定が必要

○申請締切

・2019年11月15日(金)

○詳細

厚生労働省ウェブサイト

リーフレット (1 MB)